本文へスキップ

ららテラス武蔵小杉4Fにある、お子様の病気とアレルギーのクリニックです。

電話でのお問い合わせはTEL.044-411-1177

〒211-0004 川崎市中原区新丸子東3-1302

クリニック案内clinic guide

院長ごあいさつ

2020年9月1日より院長を務めさせていただきます、どうどう小児科・アレルギー科 一城都千都絵(いちじょうちづえ)と申します。

「こどもたちのすこやかな笑顔は、ご両親のすこやさから!」

を心に大好きなこどもたちをこよなく愛し、一人ひとりが幸せに成長してほしいと願っております。
 私は一般の大学を経て医師になりました。そして小児科・アレルギー科を研修しながら小児外科医の道を進んでまいりました。それらの経験はみなさまにとってきっと役にたつと考えております。何なりとご相談ください。

  ご両親の心に寄り添った診察・治療が私の原点。
どうぞみなさまと共に歩ませてください。
            よろしくお願い申し上げます。


院長プロフィール



1973年9月  兵庫県高砂市生まれ
高校2年時 オーストラリアQueenlannd州立 Capalaba Hight School 留学
慶応義塾大学女子高等学校卒慶応義塾大学経済学部へすすむ。日吉キャンパスへの通学にて武蔵小杉へ親しみを持つようになる。
2003年  杏林大学医学部卒業
      国立国際医療センタ―(現:国立国際医療研究センター)にて小児科スーパーローテート研修修了
順天堂大学小児外科・小児泌尿生殖器外科に入局、臨床に従事するとともに大学院卒業(医学博士)、非常勤講師(2010年)
新山手病院外科医員として勤務(外科専門医、マンモグラフィー読影医)
2011〜2020 東京大学医学部付属病院小児外科での勤務時代に一児を出産。同病院の非常勤勤務から特任助教を経て、2020年9月より東京大学医学部登録研究員(小児外科専門医:2020年度申請中)

小児科初期研修終了後は、定期的に常勤・非常勤で小児科外来(小児一般・小児外科)、内科外来(生活習慣病など)、女性健診(婦人科健診、乳房健診)を担当。
小児科から大人まであらゆる年齢の患者さんの診察に従事。特に小児アレルギー分野では小児舌下療法の第一人者である笹本明義先生に師事、多くの舌下療法の治療法を学ぶ。小児アレルギー学会員。小児に限らず広くアレルギー患者さんを診る。

どうどう小児科・アレルギー科

〒211-0004
川崎市中原区新丸子東3-1302
TEL 044-411-1177
FAX 044-411-1178